So-net無料ブログ作成

FOMC結果 0.25%利下げ・・4月30日NY株式市場 [外国株式投資]

NYダウ     12820.13  -11.81
SP500      1385.59   -5.35
ナスダック    2412.80   -13.30
CME日経225先物  13930

シカゴ購買部協会景気指数 48.3
4月ADP全米雇用報告 +1万人
1-3月GDP+0.6%(前期比)
FRB・・FFレート2%、公定歩合2.25%に(それぞれ0.25%下げ)

この0.25%利下げは大方の市場の見方通りだった。
また下ぶれリスクやタイムリーに手段を講じるというような文言が削除されたことからも
利下げ打ち止め感が広がる可能性もあったと思う。
ただし住宅価格下落や貸し渋りが経済を圧迫し続けるとの認識。
どちらに受け止められることも避けたか・・。

手前勝手で薄っぺらな自分の考えでは、
0.25%という小幅(率からすると大きいが)利下げと利下げ打ち止め見通しがでることで
危機に対する楽観にFRBがお墨付きを与える結果となり、「もう危機は過去のもの」という
昨年8月以降2ヶ月くらい株上昇時の市場心理に近くなると期待していた。
もちろん売る為であるが・・。

個別ではGM上昇。



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。