So-net無料ブログ作成
検索選択

地球規模の危機に対処できたか?各国市場は大幅上昇! [株式投資]

http://www.so-net.ne.jp/news/cgi-bin/article.cgi?gid=mai&aid=20081013-570-OYT1T00438


so-net ニュースより(以下同文をコピー)

NY株急反発、終値は936ドル高

  【ニューヨーク=山本正実】
13日のニューヨーク株式市場は、前週末の先進7か国財務相・中央銀行総裁会議(G7)やユーロ圏15か国の緊急首脳会議で打ち出された金融安定化策が好感され、ダウ平均株価(30種)は、前週末比936・42ドル高の9387・61ドルで取引を終えた。
 9営業日ぶりの反発で、上げ幅は過去最大となる。終値で9000ドル台を回復したのは2営業日ぶり。取引途中には一時、同976・80ドル高の9427・99ドルまで上昇した。
 G7で合意された行動計画では、金融機関への公的資金注入が盛り込まれたほか、ユーロ圏の首脳会議では銀行間取引を各国政府が保証することが合意され、世界的な金融危機の鎮静化への期待が高まった。
 三菱UFJフィナンシャル・グループが13日、米大手証券モルガン・スタンレーに対する90億ドル(約9000億円)の出資の払い込みを完了したと発表したことも買い材料となった。

- 読売新聞 [10/14(火) 05:23]


G7やユーロ圏緊急首脳会議での趣旨は以下に要約されると思う
1.金融機関相互の資金をやり取りする短期金融市場の機能回復
2.銀行などへの公的資金注入
3.預金保護
また三菱UFJのモルスタへの出資については今後公的資金投入でも株主の権利は保護される
今後の救済についてはりそな方式ということでしょうか。
全て当然の方向だと思いますし必要な処置。

なお週末にかけての急落は特にリーマン(AIGも?)清算の影響が大きかったと考えています。
1月ソジェンの一人の社員によるポジション整理であれだけの混乱でしたから。
なので「いっぱい高給とりやがって」批判は置いといて、巨大金融機関をつぶすことの影響は
巨大な副作用(地球規模)をうむことを覚悟しないといけません。

飛行機墜落は避けられたようですが飛んでることに変わりなく
シートベルトだけはくれぐれも。






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:[必須]
URL:[必須]
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。